DIVERSITY×SPORTS

E-mail info@jbca.official.jp
Contact 03-6811-5901

多様性の理解を深める勉強会・講演会

ダイバーシティ教育授業

いまの日本には、生きづらさを抱えている人 たくさんいます。 国籍・障 い・年齢・性別・LGBTQ・難病….。“ち う”ということ ハンディになる、現実 あ ります。
そのこと 明らかになったの 、3・11東日本大震災 した。 社会 不安に陥った時、マイノリティ ますます追い詰められてしまう……。 そんな、成熟していない社会は不安 す。 「 んな状況 も、 んな状態 も、誰も排除しない、されない世の中 ありたい」。 「誰もがありのままに、自分らしく」いられる世の中でありたい。 “ち い”をハンディにするの はなく、 個性・特性としてア バンテー に きる、“ち い”をおもしろ る世の中 いい。 すべての人 もっと自然に、もっと気楽に、もっと自由に暮らせる社会はきっと作れる。 特定非営利活動法人日本ダイバーシティ・ス ーツ協会 は、ス ーツを通じて、楽しく居心地 のよい空間をつくること 、まぜこぜの心地よさをPRしていく授業を行っています。 ス ーツは、さまざまなち いを超えて、わたしたちをつなげてくれます。 ひとり 見る夢は妄想に過ぎないかもしれません 、みんな 見る夢は現実になる。 言葉を常に思いな ら授業をしています。 既に私たちは”色とりどり”の多様な人々と共に暮らしています。
それを授業を通して”見える化” “体験”をしてもらう事で、子供達が自ら考え、行動を行う事で 「いじめ」の問題や子供達が成長していく過程で起こる様々な問題解決のきっかけになります。

ダイバーシティ教育授業は1時間から1年間まで幅広くカスタマイズが出来、学校やその他教育現場のカリ キュラムに合わせて設定が可能です。 また対象学年も小学校1年生〜大学生までの学生さんを対象にコンテンツがございます。

当協会が行う多様性教育の授業では座学、ディスカッション、体験ワーク、取材、プレゼンテーション、プロ ジェクト立案など多様性教育の要素とコミュニケーション能力向上、プレゼン能力向上 などを同時に学ぶことが出来る授業です。

多様性×スポーツの授業では実際にパラスポーツを作る過程で競技を実際に体験するので体育の授業に 組み合わせたり、体育の準備運動としても使用することができます。

【例】 学校によっては運動会で子供達が考えたパラスポーツを使用する事を前提で年間を通して授業に取り組 む学校もございます

体験ワークではゲーム性を重視したコンテンツもございますので小学校低学年のお子様でも楽しみながら 学ぶことができる授業となっています。

ダイバーシティ教育授業では

・小中学校の生徒向け授業 ・高校生、大学生向け授業 ・小中学校の先生、保護者向け授業

・高校大学の先生、保護者、関係者向け勉強会 ・高校での”探求”向けコンテンツ ・大学での研究コンテンツ

・インターナショナルスクールでの年間カリキュラム”Diversity”

・チーム、団体での選手及び指導者向け勉強会 ・地域団体、NPO等の自主事業でのダイバーシティ講演会

・企業様向け社員教育コンテンツ(ダイバーシティ)

など数多くの実績がございますので1回1時間より年間を通してのコンテンツなど組み合わせは100通り以上ありますのでご要望に合わせて内容をカスタマイズしご提供することが可能です。

講義、ゲーム、体験など様々なコンテンツを組み合わせて独自のダイバーシティ教育を一緒に作っていきましょう。

お問い合わせはこちらから

個人の方は入力しなくて大丈夫です。
ご担当者様のお名前をご記入ください。